京都でホームページの制作会社です。導入から更新までのサポートを行います。

つい間違えてしまうハッシュタグの設定

Pocket

 

ハッシュタグは「世界の付箋」

私が覚えている限りでは、ハッシュタグはTwitterがきっかけだったと思います。
そこから、InstagramやFacebook、「タグ」という表現でも様々なサービスで利用されています。

「ハッシュタグ」は、写真や文章に加えられた「補足」のようなもので、
”ハッシュタグ(hashtag)とは #記号と、半角英数字で構成される文字列のことを Twitter上ではハッシュタグと呼ぶ。 発言内に「#○○」と入れて投稿すると、その記号つきの発言が検索画面などで一覧できるようになり、同じイベントの参加者や、同じ経験、同じ興味を持つ人のさまざまな意見が閲覧しやすくなる。”(ツイッター用語 -ツイナビ-)

※ここからはInstagramを主に内容を絞ります。
言い方を変えると、「ネット世界規模共通の付箋」になります。
同じハッシュタグをつけていると、それだけ「見られる可能性が高い・・・かも?」
というちょいとしたおまじない。

しかし、あるのとないのとでは大違いです。

ハッシュタグを使ったら見てもらえる割合は格段にあがります。
ハッシュタグは一回の投稿に30個つけられます。
日本語から英語、専門用語から地名、個人的感想や話のオチなど組み合わせは自由。

ハッシュタグ設定ミスに要注意

使い方を間違えると、こんなことになります。

たくさんつけたハッシュタグ、
「これ、ハッシュタグですね」(^_^)v
と認められてタップできる設定ができているハッシュタグは、わずか1つだけ。。。というのも。

そうならないために、基本ルールを押さえておきましょう。

ハッシュタグの基本ルール(Instagramヘルプセンターより)

  • プロフィールを非公開にしている利用者が投稿にタグ付けしても、投稿はハッシュタグページに公開されません。
  • ハッシュタグでは数字を使用できます。ただし、スペースと、$や%などの特殊文字は使用できません。
  • タグを付けることができるのは自分の投稿のみです。他の人の写真や動画にはタグ付けできません。
  •  1つの投稿に最大30個のタグを使用できます。1つの写真や動画に31個以上のタグを含めると、コメントを投稿できなくなります。

これが基本ルールです。これに補足を加えてかいつまみますと・・

こういうことが大切です。ハッシュタグは割と半角スペースの入力ミスで、せっかくのハッシュタグが設定されていなかったりします。

おわりに

いかがでしたでしょうか。英語のスペルも半角スペースが入らない。ということは大文字小文字の組み合わせで対処するなど、「○○’s」といったものもハッシュタグになりませんので、注意が必要です。入力しながら、「公開数」が表示されますので、そこで公開数の多いものを狙ってハッシュタグの表記もそれに倣ってみるのもいいかもしれません。

せっかくたくさんつけるなら意義があるものになりますように。

各種ご相談・お問い合わせについて

Web相談、各種お問い合わせにつきましては、下記の各窓口のフォームで必要事項を入力してお送りください。

  • 自動返信メールが入力いただいたメールアドレスに届きますので、大切に保管してください。
  • 携帯電話会社のメールアドレスをご利用の場合、@jpd-info.co.jpを「受信可能ドメイン」としてご登録を前もってお願いします。
  • およそ1~2営業日以内に返信いたします。
  • もし返信がない場合は、お手数おかけいたしますがoffice@jpd-info.co.jpまで、自動返信メールの内容をそのまま転送してください。

更新・運用のアドバイスをするWeb相談について

  • ホームページ運用について相談をしたい
  • ホームページについてアドバイスをしてほしい
  • ソーシャルネットワーキングサービスについて

など、現在ご活用中のホームページに関するご相談については、Web相談ページをご覧の上、お申込ください。

 

ホームページ制作に関するご相談・お問い合わせについて

  • Web相談について、内容をもう少し詳しく
  • 各種サービスについて
  • ホームページの制作について相談・依頼したい

など、ホームページ制作、定期更新、一部修正サービスなど当社サービスに関するお問い合わせ・ご相談については、お問い合わせページにてお問い合わせください。